予期せぬ事態が発生した時

予期せぬ事態が発生した時

 

お金を借りる時はまさにタイトル通りの時でしょう。
私は現在、体調不良のため休職中なのですが、その間給与が振り込まれません。
今のところ、メインバンクの残高を少しずつおろしながら生活していますが、それが底をつきかけそうだと感じた時がお金を借りる時だと思います。
ただし、いきなり金融機関に頼ることはしません。まずは両親から借りることになるでしょう。
二人とも年金生活に入っていますが、給与1ヶ月分の金額ぐらいは融通してくれるぐらいの貯蓄はあります。
過去の話だと、大学生になりたての頃、父の会社が倒産したことで学費が払えなくなり、奨学金を借りたこともありました。
いずれも予期せぬ事態ではありましたが、幸い両親は細々とした節約家ではないものの浪費家ではありませんでしたし、私自身もそんなにお金を使うタイプではなかったので消費者金融からの借金は回避できました。