お金を借りるということの現実的な感情について

お金を借りるということの現実的な感情について

 

まさしくシダレヤナギが天をつく時、私たちはお金を借ります。
雲を突き破り、天空の青みがかったグラデーションに木の葉が触れるとき、お金を借りるために古ぼけた小さな家に向かうのです。
そこにあるのは、花瓶とお面。お面には変な顔が浮かび上がっており、「金返せ、金返せ」とつぶやき続けているかのようです。
ふと窓の外を見ると、遠くの山に借金をする動物たちが隊列をなして突き進んでいるのが見えます。
ある者はうつむき、あるものは社会への不満を口走りながら、足の裏をすり減らして歩き続けるのです。
時折ワニに似た動物が列をはみ出し、草地で何かを探し始めます。
彼が探しているのは、彼がこれまで街の中で見つけることのできなかったやさしさでしょう。
そんなとき、お金を借りるということの現実的な感情について考える必要が出てくるのではないでしょうか。